大宏園|Daikouen

ホーム

実例

【実例:外構・エクステリア】神奈川県横浜市O邸の庭

【実例:外構・エクステリア】神奈川県横浜市O邸の庭

横浜の閑静な住宅街に映える
重厚感あふれる門がまえのエクステリア

外部の視線からプライバシーを守るクローズド外構に

【実例:外構・エクステリア】神奈川県横浜市O邸の庭「目の前にあるバス停から、家や庭が見えないようにしてほしい」と外構・エクステリアに関して、神奈川県横浜市に住む奥様から要望を受け、高さ2m、厚み45cmの塀をつくることにしました。奥様は塀に関しても「小端積みがいい」と具体的なリクエストをお持ちでした。

【実例:外構・エクステリア】神奈川県横浜市O邸の庭そこで、この庭の塀には、石の小さい方の面を表にして石を積んでいます。 日本でも鉄平石や丹波石の小端積みの庭は古くからありますが、それでは和の印象が強くなってしまいます。O邸は洋風の家だったので、グレーからあずき色の色ムラが美しいイタリア斑岩の半分に割ったピンコロを、ひとつひとつ積み上げていきました。石の素材感を感じられるように目地は深めに。アクセントになるように塀のところどころにイタリア斑岩の平板を埋め込みました。

【実例:外構・エクステリア】神奈川県横浜市O邸の庭神奈川県横浜市O邸の外構は、典型的なクローズド外構になっています。塀や門を設けない開放的なオープン外構に対し、プライバシーを最も守ってくれるのがクローズド外構です。庭で思い切り楽しみたいなら、クローズド外構をおすすめします。塀でなくても木製のフェンスを用いる方法もあります。オープン外構でせっかくデッキやテラスをつくっても、人の目が気になって使われなくなっている例が多いからです。門扉を家と並行に設けると、門から家や庭が丸見えになってしまいますから、O邸では、家と90度の角度に門扉をつけられるように塀を二重にしてあります。

【実例:外構・エクステリア】神奈川県横浜市O邸の庭門扉から入ると、正面には、塀の安定のために設えた控え壁が見えます。ベルギーの舗道に使われていたアンティークの石を積んだ味わいのある仕上げです。控え壁には、立水栓をつけ、その下には黒い大きな水鉢を配して、ひとつの見せ場をつくり、その奥にはオオモミジを植えました。

【実例:外構・エクステリア】神奈川県横浜市O邸の庭主庭は、コハウチワモミジ、ハウチワモミジ、ヤマモミジ、ヤマボウシ、エゴなどの落葉樹を植えて、雑木林のような雰囲気にしました。庭が広いので、手入れが楽なように、地面はイタリア斑岩の乱貼りにしたので雑草が生えにくく、ローメンテナンスです。秋になれば、赤や黄色に色づいた木々がイタリア斑岩に映えます。外からの視線を気にせずに思いきり庭を楽しめるエクステリアです。